2018年09月16日

【川越山田】いくぞ月島! 査定士技能コンテスト

 

考えてはダメだ。修理をしているクルマは必ず何処かに修理の痕跡を残している。その痕跡を感じる、感じるんだ、ワタナベ!


感じるんだ! と、言われてもですね・・・

なーんにも感じませんけども?

た、確かにちょっと難易度が高かったですね(汗)

・・・実はこのミライース。修復歴も板金歴もありません。ただ、よーく見ると左右のミラーのツヤツヤ具合が違いますよね?

右のミラーの方がツヤツヤしている、ということは、右のミラーは交換している。ということは、右側をぶつけている可能性がある。ということは、ミラーだけでなく、ドアも交換、もしくは板金しているかもしれない。

査定というのはこうやって小さなヒントを見つけるところからスタートする、言うなれば「推理ゲーム」みたいなものなんですね。

それでは今の要領で、こちらのミラココアを見ていただきましょう。さあ、何を感じる!

うーん、やっぱり何も感じないですねえ

正解! 先日入荷したばかりのミラココア、それも人気のプラスGは、内外装良好! 当店自慢の安心車検整備付き! もちろん修復歴なしの超良好物件っ  ワタナベさんが何も感じないのは当たり前だのクラッカーてなもんですよwww

平成21年式ミラココアプラスG 走行5.9万キロ 内外装良好・禁煙車

車両本体価格 59万円 くわしくはコチラ!

って、これじゃ査定の練習になんないですね。

けれどコレが現実です。何事もそうですけど、特に査定は「知識と経験」が大事だと思います。ところが、お店で「修復歴車」に遭遇する、ましてやそのクルマを査定する機会って思いのほか少ないんですよね。

久しぶりに行われる「査定士技能コンテスト」。

入社2年目のワタナベさんに出場してもらうのは酷かもしれませんが、何事も経験です。多いに学んでいただき、次の世代を担っていただきましょう!

埼玉県大会を勝ち抜けば、次は関東甲信越大会!決戦の地は東京月島!

勝利の味と、本場のもんじゃ焼きを味わせていただきたいものです。

 

という訳で、中古車本部主催の「査定研修会」に参加してきました(^o^)/

感じる! 感じるぞワタナベ

え~、何も感じませんけど・・・

前のナンバープレートが少しだけ曲がってますね(-_-;)

バンパーは交換をすればキレイになるけれど、ナンバープレートの交換は板金工場じゃ出来ません。ゆえに修理をしてもナンバープレートだけは曲がったままということが良くあるんです。

ナンバープレートが曲がっている、つまり前をぶつけている可能性があるということですよ、ワタナベさん

 

コレ、後ろ怪しくない?

あー、コレ後ろ怪しいですねー

やっぱり、トランクフロアを直してる

ホントだー、トランクフロア直してますー

このクルマは前を直してますね

そっかー、前かー

 

川越山田店オススメ商品他!   ↓ ↓ ↓

車両状態鑑定書の見方。 

LEDヘッドランプ始めました。 ヘッドランプクリーニング始めました。

ダイハツ川越山田店の在庫一覧はコチラ